限定公開と圧倒的な自在さ


ぼくはこのブログを2008年からやっている(当時ははてなダイアリーだったが)。
ちょうど10年前だから、高校生の頃からだ。
初記事はこんな感じ。アドエスについて書いてる。

アドエス再構築 - おどりのようなもの

アドエスとは、ウィルコムが出していたWindows Mobileが搭載されている謎の機種。
下記の写真のような感じ。いまみてもイイなあ……。
大学に入学したときも、この小さいキーボードで入学式の実況とかしてた記憶がある。

f:id:seshiapple:20180225230931j:plain
ウィキペディアより

さらに言えば、ぼくは12歳の時点でYahooでメアドを取得しブログを開設している。
そのため、もうネットになにかを書き始めて15年になる。

長くやってるからか、状況の変化かわからないが、ここ数年の自分は停滞期だったと思う。
PVがどうのこうのではない。単に書いてて不自由でつまんなかった。

ところが、ここ一ヶ月くらい一気に調子が上がり、書きたいように書けるようになった。
きっかけは、noteで月額有料課金型のブログを開設したからだ。

おどりのようなもの|seshiapple|note

ぼくはウェブでオンラインサロンとかやって目立ってる人のノリが苦手だ。
だから、自分がそういうものを立ち上げるまでかなりの葛藤があった。

しかし、phaさんが「限定でやりたい」とnoteを開始したので、読者になってみた。
明らかにはてなブログより面白かった。それで吹っ切れて、自分でもはじめてみた。

立ち上げて1ヶ月。およそ学校でいうと1クラス分くらいの読者がついてくれた。
そのひとたちに向けて書くと、高校生くらいの頃に戻ったような気分でどんどん書ける。

月500円なので収入としてインパクトがあるってわけじゃない。
生活に困ってるので読者がさらに増えることを期待している。

ただ、お金の問題以上に、どんどん文章を生産できるようになった。
その喜びがめちゃくちゃ大きい。

ちなみに、この記事もほとんど迷いなく上から下へ書けている。これもnote民のおかげ。
読者の皆様、本当にありがとうございます──完全にザオリクかけられた気持ちだ……。

というわけで、いまネットで書くって考えるとツラい弱小古参ブロガーみたいな人。
noteである必要はないと思うけど、ブロマガとか?
とにかく試しに限定公開をやってみてほしい。
ぼくのように調子が戻ってくるかもしれないので。