『SWITCH Vol.35 No.10』に「さいたま」に関するコラムを書きました


体調がビミョーなまま9月末を迎えてますが、告知です。tomad社長に誘ってもらって、今月号のSWITCHにコラムを書きました。社長とゲストが毎回決まったテーマについてコラムとそれにあった楽曲を紹介する連載コラムです。

SWITCH Vol.35 No.10

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4884184971/kaimono000-22/

ぼくの回のテーマは、氏のなかで最近アツいっぽい「さいたま」。津和野でも東京でもさいたま話をしていたので、その流れでやることになった感じです。

島根に移住して「まち」に関わる仕事をするようになって、改めて(初めて、かもしれない)自分が生まれ育った「さいたま」ってなんなのかと思うようになりました。そのゴニョゴニョと考えていたことを結構ちゃんと文章にしてます。

体調の謎化が始まった頃に原稿をお送りしたこともあって、文字通り熱のこもった文章になったと思います。選んだ曲も自分なりにさいたまエッセンスをぶっこんだつもりなので、興味ある方はぜひ読んでみてください。

追記171002
紙面にて、自分のとトマド社長の原稿をあわせて読んだ。結構バトル感というか、ある程度共通の前提がありながら違う話をしてるので、面白いのではないかしら。読んだ人は感想をくださいです。