読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末年始の読書リスト(誕生日プレゼント)まとめ

雑記 読書リスト

f:id:seshiapple:20170108193015j:plain

元旦の誕生日にいろいろ本をいただきました。
どれもわりとイイ感じだったので、もらえたのが大変ありがたかったです。
既に読んだものだと、一ノ瀬先生の本は簡潔かつ著者特有の要素もあっていい感じだし、小川さやか「その日暮らし〜」はとにかくなにも知らない話が大量に出てきてめちゃくちゃおもしろかったです。あとでほかのものも一言二言は必ず感想を書こうと思っています。

ピエール・バイヤール『読んでいない本について堂々と語る方法』

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

一ノ瀬正樹『英米哲学史講義』

英米哲学史講義 (ちくま学芸文庫)

英米哲学史講義 (ちくま学芸文庫)

ジョン・ル・カレ『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)


ジャック・ウォマック『テラプレーン』

テラプレーン (ハヤカワ文庫SF)

テラプレーン (ハヤカワ文庫SF)

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『愛はさだめ、さだめは死』

ウィリアム・ギブスンブルース・スターリングディファレンス・エンジン〈上〉』

ディファレンス・エンジン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

ディファレンス・エンジン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

ウィリアム・ギブスンブルース・スターリングディファレンス・エンジン〈下〉』

ディファレンス・エンジン〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

ディファレンス・エンジン〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

小川さやか『「その日暮らし」の人類学 もう一つの資本主義経済』

「その日暮らし」の人類学 もう一つの資本主義経済 (光文社新書)

「その日暮らし」の人類学 もう一つの資本主義経済 (光文社新書)

加藤典洋『戦後的思考』

戦後的思考 (講談社文芸文庫)

戦後的思考 (講談社文芸文庫)

丸山昭トキワ荘実録―手塚治虫と漫画家たちの青春』

トキワ荘実録―手塚治虫と漫画家たちの青春 (小学館文庫)

トキワ荘実録―手塚治虫と漫画家たちの青春 (小学館文庫)

炭谷俊樹『ゼロからはじめる社会起業』

ゼロからはじめる社会起業

ゼロからはじめる社会起業

高松平藏『ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか:質を高めるメカニズム』

ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか:質を高めるメカニズム

ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか:質を高めるメカニズム

深緑野分『戦場のコックたち』

戦場のコックたち

戦場のコックたち

スティーヴン・ウィット『誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち』

レスリー・R・クラッチフィールド、ヘザー・マクラウド・グラント『世界を変える偉大なNPOの条件――圧倒的な影響力を発揮している組織が実践する6つの原則』

世界を変える偉大なNPOの条件――圧倒的な影響力を発揮している組織が実践する6つの原則

世界を変える偉大なNPOの条件――圧倒的な影響力を発揮している組織が実践する6つの原則

久野収『市民として哲学者として』

久野収 市民として哲学者として

久野収 市民として哲学者として

リチャード・セネット『クラフツマン: 作ることは考えることである』

クラフツマン: 作ることは考えることである (単行本)

クラフツマン: 作ることは考えることである (単行本)