PC版Chromeで開いたタブを即座にiPad・iPhoneで開き直して読む/保存する方法


レポートのための調べものなんかをしていて、あちこちのデータベースから新聞記事や論文、政府の報告書やらを闇雲にほじくりかえしたりすることがある(愚か)。

するとChromeのタブが大量に開かれてしまってぼくの貧弱なPCはひどく重くなるし、そもそもどこから手をつけてよいやらわけがわからなくなるときがある。

あるいは、お出かけするぞってことで出先の情報をPCで調べることもある。
その情報をiPhoneなんかに送ってしまえば非常に便利だ。

今日はそういうときに便利なやり方をおぼえたのでメモっておく。

1.PC版ChromeからiOS版Chromeにタブを飛ばす

以下の拡張を入れればおk。

この拡張を使うと表示しているタブを即座にiOSのChromeに飛ばせる。神!

使い方がわからん人はここ。

2.iPadChromeで開いたPDFを保存する(ブックマークレットを使う)

PDFなんかをiPadで開いてイイ論文ダナーみたいな場合はそのまま保存してしまいたい。
ところが、iPad版のChromeはPDFを別のアプリに飛ばして保存したりすることがデフォではできない(たぶん、違ったら教えてください)。

そこで、以下のブックマークレットを使う。

このサイトはほかにもよさげなブックマークレットをいろいろ探せて便利だ。

さっきのブックマークレットを使うと開いているタブを即GoodReaderに飛ばしてしまえる。それで保存が完了する。神である。
(ちなみに、飛ばしたPDFをさらにこれからも取っておく価値がありそうだと見なしたら、Dropbox上のMendeleyのデータベースフォルダに送っている)

ちなみに、iOS版のChromeブックマークレットを使うやり方のわからん人もいるかもしれない。その場合は以下を参照。


わりと簡単でふつうのことだったのに、今までやっていなかった。
今まではどうしてたかというと、PCで開いたタブをエバノなりはてブなりに保存して、それを後からiOSで開いたりしていた。
まあ別にそれでも問題なかったんだけど、このやり方は速くてストレスが少ないから素晴らしい。