読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモの取り方(2):iPadでマインドマップ的にメモる


ブログの記事を継続して書いていくことを目的にメモの取り方を考えていたのだった。

前回は先輩のやり方を紹介したので、今回はぼくのやり方を紹介してみる。

一般的なメモ

さて、メモというと、一般的には時系列で上から順に横書きで次々とめくっていくようなイメージがあるような気がする。

このイメージは手書きであろうがそうでなかろうが概ね同じだろう。
Windowsのメモ帳はめくることができないけれども、あれは紙のメモ帳のイメージから作られているような感じがする。

放射状に広がるメモ

最近ぼくはそうではないやり方でメモをとっている。
説明をするよりも、実物を見せた方が早いので以下に最近とったメモの画像を2枚はっつけた。
(大きな画像だが小さく表示しているので保存して拡大して見てほしい)

f:id:seshiapple:20120918132550p:plain

f:id:seshiapple:20120918132631p:plain

これはDESIGNEASTというイベントのトークショーの際にリアルタイムにとったメモだ。

マインドマップ的な表現方法というか、見ればわかるがいわゆる時系列のメモにはなっていない。
また、通常の紙のメモとは違って、一枚一枚めくったりするものではなく常に一望できるようになっている。

この放射状に広がっていく表現の仕方は、結構多くのメモ用途に使える。
文章を書くネタを得たいとき、これから会いに行く人に聞きたい話を出すとき、今回のようにリアルタイムに人の言っていることを記録するときなどなど。

メモをとるために必要なこと―おそれずはじめる

メモをとるさいに、上から下に、左から横に書くみたいな制約を外してみると、なかなか最初の一歩を歩みやすくできる。

ちなみに、多少マニアックな話だが、書きやすさという意味では、通常のマインドマップでは真ん中の言葉をちゃんと決めないといけないみたいなルールがある。

しかし、これはぼくにとっては全然ダメである。
リアルタイムに相手の話のメモをとるにしても、マインドマップ本来の目的である発想を得るためにしても、真ん中の強力かつコアな言葉が決まったときには既に色々なことが明らかになっているはずだからだ。


ぼくがメモをとったりなにか書き散らしたりしたいときは、課題や納期みたいなものが与えられていたりするくらいで、まだなんにもどうしていいかわからない状態のときが多い。
そのため、最初に真ん中の言葉をはっきり決めてくれと言われたらそれだけで疲れてしまうし時間もなくなってしまうのだ。

なので、ぼくがメモをとっていくときは、真ん中には日付など当たり前の情報を入れてしまうことにしている。

そして、日付を入れたら、最初の項をなるたけ素早く書きはじめるのが大事だ。
最初にリズムに乗れれば、頭がメモをとってどんどん考えを文字にしていこうというモードに入れるので、ここだけ集中する。あとはあんまりこだわることはない。


ちなみに、ぼくはこのメモをとるために下のiPadアプリを使っている。

ぼくはアプリなどに過剰にこだわる人ではないが、このことに限っては、このアプリでないと駄目である。
これはツイッター上で確かとりっくんさん@あたりが書いてらしたので落としてみたのだと思う。

色々なアプリを試してみたうえで、以下の点がこのアプリは優れていると思う。

  1. とにかく簡単な操作で速く作れる(最重要)
  2. うにょうにょしたものが書ける(楽しい)
  3. 関連性を示したり装飾も素早くできる(まだ練習中)


今回はわりとてきとーに書き散らしてしまった。

メモという言葉の定義をあまり考えないで書いてしまった感じ。


ここ最近川喜田の言う意味での厳密なKJ法を何度かやる機会があって川喜田の本も読み返したりした。

なので次はメモをとることからそれを後で使うところまで、川喜多の本を参考に書いてみようと思う。

川喜田の言うことは議論としてはほうほうと読めるが、日々の学びの中であそこまでのことを習慣として身体にしみこませるのは非常に難儀なことだと思われる。

ぼくが現在できているところまで、できるようになった過程を書いてみたい。