読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルフ『ノージック』(森村進・森村たまき訳)の邦訳文献目録メモ


メモなので、不完全ですが。

ノージックの著作

  • 『アナーキー・国家・ユートピア』
  • 『哲学的説明』
  • 『生の中の螺旋』

他の著作

  • ベンサム「道徳および立法の諸原理序説」『世界の名著 ベンサム JSミル』
  • バーリン「二つの自由観念」『自由論』
  • ドゥオーキン「権利論」
  • フリードマン「資本主義と自由」
  • フリードマン『選択の自由』
  • ヘア『道徳的に考えること』
  • ハリス「臓器移植の必要性」『バイオエシックスの基礎』
  • ハート「効用と権利の間」「自然権は存在するか」『権利・功利・自由』
  • ハイエク『自由の条件』
  • ホッブズリヴァイアサン
  • ヒューム『道徳原理の研究』
  • ヒューム「原始契約について」『世界の名著 ロック ヒューム』
  • カント「人倫の形而上学の基礎づけ」
  • ロック「統治論」
  • マクファーソン『民主主義理論』
  • ミル「功利主義論」「自由論」
  • ミル「ベンサム論」
  • ネーゲル「平等」「価値の分裂」『コウモリであるとはどのようなことか』
  • ロールズ『正義論』
  • リーヴ『所有論』
  • ルソー「社会契約論」「人間不平等起源論」
  • ライアン『所有』
  • サンデル『リベラリズムと自由の限界』
  • セン『合理的な愚か者』
  • スウィージー『資本主義発展の理論』

『アナーキー・国家・ユートピア』の検討を含む本

  • 足立幸男『政策と価値』
  • 石山文彦「ロバート・ノージック」『現代の法哲学者たち』
  • 井上達夫『共生と作法』
  • 加藤尚武『21世紀への知的戦略』
  • 川本隆史「国家はなぜ、どこまで必要なものか」『政治思想の現在』
  • 笹澤豊『権利の選択』
  • 塩野谷祐一『価値理念の構造』
  • 長谷川晃『権利・価値・共同体』
  • 長谷部恭男『権力への懐疑』
  • ノーマン・バリー『自由の正当性』
  • 森村進『権利と人格』