読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

告知

レトリカ新刊『RhetoricaJournal vol.2 特集:Fantasy is Reality』を第24回文学フリマ東京で頒布します(カ-36Merca様ブース委託)

新刊『RhetoricaJournal vol.2 特集:Fantasy is Reality』が(ギリギリ)できました。 本日の文フリで、Rhetorica#03とともに、Project Merca(アニメルカ)様のブースにて頒布します。今回の本で扱った主題は「リアル」。アメリカのヒップホップ黎明期を捉…

レトリカのウェブサイトをリニューアルしました

からっぽだったレトリカのウェブサイトをリニューアルしました。 モバイルワーストってことで、スマホ&タブレットはスルーしています。 デスクトップからご覧ください。rhetorica.jp例によって、デザインは太田君で、コーディングはシェフ。 大変にカッコよ…

【6/28(Sat) MAMINION vol.2@早稲田茶箱】パーティで回す音楽家図鑑

Kannkitsu Tamura Hamu by Tamura Tosiaki on Mixcloud KSUE DOGE座vol.3.5 by Ksue on Mixcloud haLRu Herrokkin

【6/28(Sat) MAMINION vol.2@早稲田茶箱】パーティをやります。

6月28日にぼくらのパーティ「MAMINION」やりますよ!!!! 今回のパーティは、注目度急上昇中のHerrokkinや音盤夜行主催・haLRuをはじめ、豪華DJ / VJを迎えて早稲田の茶箱で始動します。イベントのコンセプトは、宇宙。 この世のすべてをここに集めて、ここから…

3月1日, 3月2日のXD Exhibition 2014に新刊『Rhetorica#02』を出展します

直前ですが告知です。本日3月1日, 明日3月2日にCATALYST BA(二子玉川)で行われるXD Exhibition 2014「結像~くらべてかさねてむすぶ展~」に『Rhetorica#02 特集:DreamingDesign』を展示します。新刊の正式な頒布は5月5日の文フリを予定していますが、今日…

レトリカステッカーついに完成! 明日コミケ3日目「西れ71a(未来都市研究会様委託)」で頒布します!

昨日はコミケ3日目「西れ71a(未来都市研究会様委託)」でのレトリカジャーナル頒布の告知をしました。 今日はさらに、コミケで初お披露目のレトリカステッカーを紹介します!じゃーん!ご覧のように、ひとつのシートに4枚のステッカーが収録されています。 …

コミケ3日目、未来都市研究会様(西れ71a)委託でRhetoricaJournal vol.1を頒布します!

コミックマーケット85の3日目、12月31日にRhetoricaJournal vol.1を頒布します。 ブースは西れ71a(未来都市研究会様委託)です。 手にとって頂けたらと思います。よろしくお願いします。 RhetoricaJournal vol.1 特集:わたしたちの退屈 目次 team:Rhetoric…

11月4日の文学フリマ(オ-58)で「RhetoricaJournal vol.1」を頒布します!

エッモい巻頭言が読める!特設ページはこちら ↓ RhetoricaJournal vol.1明日11月4日の文学フリマにて、RhetoricaJournal vol.1を頒布します。 会場は東京流通センター、ブースはオ-58(未来都市研究会様委託販売)になります。 RhetoricaJournal vol.1 特集…

MAMMUNE一周年記念クリスマスパーティー!!!!X'MAMMUNE!!!!!!!!!!!!!!

明後日12月22日!! 我らがレトリカ民あずまみこ主催のDJパーティーMAMMUNEやりますよーーーー!!!! MAMMUNEも今度で4回目!!しかも今回は1周年記念!&Rhetorica制作記念!!&クリパ!!!!まみこ先生の圧倒的なエレグラ感、鵺感、クリスマス感、そし…

研究室で絶賛取り組んでいる討論型世論調査のイメージビデオができましたー!

ブログ書く書くゆーてまたまたまたご無沙汰ってしまったですね。。w さて、タイトル通りですが、ぼくが所属している曽根研究室の先輩が討論型世論調査についてイメージビデオを作成したのでそれの紹介です。既にツイッターに書いてますが。 全体的にボス(…

シンポジウム 日本の「世間」とメディアを考える

久々の更新です。参加している大学院プロジェクトにて、以下のようなシンポジウムを開催しますので、その告知です(ちなみに僕も、もしかしたら少し学生発表ということで何か話すかもしれません)。 <シンポジウム> 日本の「世間」とメディアを考える ― 思…