読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

議論は「他人に代わって決定を下す」ために行われるものではない―ガウアンロック『公開討議と社会的知性』

とても基本的なことだが、何度でも確認しておきたい。 「すでに明らかであるが、無知と偏見のなかに安住することなく、問題に対して良心的な答えを出そうとする個人には、非常に高い人格的な働きが要求されている」 (他の点では品行方正な人も、ミルによれ…

人を気にすることについて

「人からどう思われているか」とか「人から評価されたい」とかいうことを気にするのは、あまりかっこいいことだとは思えない。とりわけ、これらのことを中途半端に気にするのはまずい。 人からどう思われているかを中途半端に気にするというのは、とにかくだ…

理由を問う方法(2):来歴を問うて理由を問う

前回、長々と理由を問うことの必要を書いていたら、結局本題に入ることができなかった。理由を問う方法(1):理由を問うことの必要と負担感 - おどりのようなもの今回は、前回の記事を踏まえたうえで、「相手が自分の主張をどのような理由で行っているのか…

理由を問う方法(1):理由を問うことの必要と負担感

理由の必要 他人と議論をしていると、相手の話していることについてその理由を問いたい場面がよく出てくる。 とはいえ、理由を聞くのには結構な勇気がいる。 それは、「なぜ?なぜ?」と何度も問いかけることが、少なくとも日本語では、威圧的だったり責任を…