読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンテンツと社会

雑記

久々に宇野常寛ゼロ年代の想像力』を読み返した。

ゼロ年代の想像力 (ハヤカワ文庫 JA ウ 3-1)

ゼロ年代の想像力 (ハヤカワ文庫 JA ウ 3-1)

一番印象的だったのは、宇野さん流の社会反映論というか、みんなが見たり聞いたりしているコンテンツは社会の動きを肯定したり否定したり改善を促したり、とにかくなにかしらの反応から生じているというスタンス。
この手法って、ここ半年から一年くらい、結構リアリティを持っているなあということを思った。社会について否が応でも考えてしまうような作品が増えたような気がなんとなくするなあっていう。

ところで、高校生時代に初めてこの本を読んだときに、こうした社会反映論的な読解にものすごく惹かれたことをおぼえている。
いまはそれ自体にはなにも思わないけれども、当時はなんでだかわからないけれども、とにかく鮮烈な印象をもった。

なにせ、ゼロ年代の後半、高校に馴染めなかったぼくは2ちゃんとはてブにどっぷり浸かっていて、偏差値が高校入学時の半分くらいになって浪人生活に突入。
浪人生活も宅浪だったから社会との接点はこうした著作にしかなくって、ていうか著作も別にちゃんと読めてたとは言えないしネットばかりやっていて、ほんとダメな人間だった辛い……とかなんとか書いているとキリがないのでやめる。
まあ要するに、十代後半の自分にギリギリ色彩の感覚を与えていたのが、宇野常寛さんや東浩紀さんの書く文章──また、いまでは説明が難しいけれど、ふたりの周辺にあった異様な熱気を伴うコミュニティやムーブメント──だったということだ。つまり、この宇野さんの本は青春の一冊だ。

今回読み返してみて、そうしたエモを取っ払ってもふつうに読めるなあと思って面白かった──かなり変わった本だとは思うけど。
宇野さんの最近の動きはよく知らないので、今度調べてみようと思った。

なんとなくそういう気分になったので、この本を読むような気分で読んでいた本を数冊紹介。

東浩紀ゲーム的リアリズムの誕生

いま読んでも超すごい。いい批評文にはよくあることだけれど、紹介されている作品よりこの批評文のほうが面白いんじゃないかと思うものもあったほど。

濱野智史アーキテクチャの生態系』

これを読んでSFCに入った──結果的に後悔してないから良かったけど判断自体は単に狂っていたと思う。

ised 情報社会の倫理と設計』

大学に入っておそらく最初に読書会をやってそこで読んだ本。入学直後に出版された(もちろん既にウェブで読んでいたけれど!)。

ised 情報社会の倫理と設計 倫理篇

ised 情報社会の倫理と設計 倫理篇

ised 情報社会の倫理と設計 設計篇

ised 情報社会の倫理と設計 設計篇

年末年始の読書リスト(誕生日プレゼント)まとめ

雑記 読書リスト

f:id:seshiapple:20170108193015j:plain

元旦の誕生日にいろいろ本をいただきました。
どれもわりとイイ感じだったので、もらえたのが大変ありがたかったです。
既に読んだものだと、一ノ瀬先生の本は簡潔かつ著者特有の要素もあっていい感じだし、小川さやか「その日暮らし〜」はとにかくなにも知らない話が大量に出てきてめちゃくちゃおもしろかったです。あとでほかのものも一言二言は必ず感想を書こうと思っています。

ピエール・バイヤール『読んでいない本について堂々と語る方法』

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

一ノ瀬正樹『英米哲学史講義』

英米哲学史講義 (ちくま学芸文庫)

英米哲学史講義 (ちくま学芸文庫)

ジョン・ル・カレ『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)

続きを読む

昨年よく読まれた記事10本

振り返り

f:id:seshiapple:20170106235449j:plain

新年初記事。自分のことやこのブログのことを振り返って記事を書きたかったけれど時間がないのでやめた。
とはいえなにかしら切り替え的な記事を書きたかったので、昨年読まれた記事にコメントをつけるかたちで振り返ってみる。

1位:新大学一年生にオススメした18冊

一番読まれたのがこの記事。スマニュー砲が炸裂したため、結構読まれた。
中身は津和野で一緒に働いている石井くんと一緒に生徒向けにつくったリストのうち、ぼくの推薦分を抜き取っていじったもの。
具体的な誰かのために話したり書いたりしているものは、適切に加工するとひとの関心を獲得できると思った。
seshiapple.hatenablog.com

2位:とりあえず仕事に役立つ本を読んでみたいと思った学生インターンにオススメの10冊+α[課題別]

読者になりそうなひとを絞ってつくった読書リストという意味では1位と同様。
自分がちゃんと最後まで読んでよかったものをいれてるので、ふつうに役立つと思う。
ひとから請われてつくったものなので、なんか顔が浮かぶリストになったのかもしれない。
seshiapple.hatenablog.com

3位:人は死ぬ

亡くなった友人について、というよりは、彼と自分の関係について書いた文章。
こういう文章を公開するのはどうなのかと思って、一度掲載したあとすぐに非公開にしたがやっぱり公開した。
どうでもよくないのにどうしようもないことは世界にたくさんある。それについて考えた記録は、誰かのために有益だと思ったから。
seshiapple.hatenablog.com

続きを読む

2016年の読書リスト160冊ふりかえり

雑記 読書リスト 振り返り まとめ

f:id:seshiapple:20161226141328j:plain

社会人になってとにかく本を読まなくなった。
そして、読まなくなって数年、もはやどんな本に”触れたのか”すら思い出せなくなってきた。
それがあまりにもかなしいので、今年の4月から読書リストをつくりはじめた。いちおう毎月続いている。
読んだ本と単にチェックした本が1:10くらいかな。来年はもうちょっと前者を増やせるといいのだが。

読書リスト(2016年4月)

ラース・スヴェンセン『働くことの哲学』

働くことの哲学

働くことの哲学

エドガー・アラン ポー『モルグ街の殺人事件』

モルグ街の殺人事件

モルグ街の殺人事件

ピーター = ポール・フェルベーク『技術の道徳化: 事物の道徳性を理解し設計する』

技術の道徳化: 事物の道徳性を理解し設計する (叢書・ウニベルシタス)

技術の道徳化: 事物の道徳性を理解し設計する (叢書・ウニベルシタス)

続きを読む

読書リスト(2016年12月)|東浩紀、森博嗣、炭谷俊樹など

読書リスト 雑記 まとめ 振り返り

f:id:seshiapple:20161225180336j:plain

今月読んだもので面白かったのは、まず東さんのゲンロン4。
目玉の座談会とかいろいろ載ってるもの面白くて、ひとつひとつ語りたいことがある感じ。読書会とかやりたさがある。今年のこういう雑誌部門では圧倒的にベストだと思った。
それから、なにか特別に語るとかではないけれども、個人的に一番読んでいてテンションが上がったのは、プラープダー・ユン『新しい目の旅立ち』(原題:違うベッドで目覚める)。今号では冒頭部分だけが掲載されている。基本的には紀行エッセイみたいなもののようなんだけど、思索というか抽象的な話とかもごちゃごちゃ入ってくる感じになってて、このままこういう感じで進んでいったら、すごく好みの文章だと思った。今後の掲載分が楽しみ。

あとは森博嗣の工作エッセイとか、社会起業本とかいろいろ細かく実用書とか軽く読めるエッセイは読めてる。難しい本については論文くらいの長さのものしか読めなくなって久しいので、なんとかしたい、とまた今月も思ったのだった……。

読書リスト(2016年12月)

稲葉振一郎『宇宙倫理学入門』

宇宙倫理学入門

宇宙倫理学入門

さやわか『文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史』

ギャビン・ニューサム『未来政府』

未来政府―プラットフォーム民主主義

未来政府―プラットフォーム民主主義

続きを読む