読書リスト(2020年1月)

ランドール・マンロー『ホワット・イフ?――野球のボールを光速で投げたらどうなるか』 "人類総がかりでレーザーポインタで照らしたら月の色は変わるか? お茶をかき回して沸騰させられる?“ランドール・マンロー『ハウ・トゥー バカバカしくて役に立たない暮…

読書リスト(2019年12月)

丸幸弘、尾原和啓『ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」』 "東南アジアをはじめとする新興国は、成長の過程で生まれる多くの課題を抱えています。そして、その課題から目を背けることなく、対峙する起業家たち" 重要そうな本が……! 鈴木謙介…

読書リスト(2019年11月)

この記事は、ぼくが先月チェックしたブックリストです。 実際に買ったり読んだりした本へのコメントは、下記noteに掲載しています。おどりのようなもの|seshiapple|notenoteでは、地方や教育、キャリア、批評などについても書いています。 月500円なので、…

読書リスト(2019年10月)

この記事は、ぼくが先月チェックしたブックリストです。 実際に買ったり読んだりした本へのコメントは、下記noteに掲載しています。おどりのようなもの|seshiapple|notenoteでは、地方や教育、キャリア、批評などについても書いています。 月500円なので、…

読書リスト(2019年9月)

この記事は、ぼくが先月チェックしたブックリストです。 実際に買ったり読んだりした本へのコメントは、下記noteに掲載しています。おどりのようなもの|seshiapple|notenoteでは、地方や教育、キャリア、批評などについても書いています。 月500円なので、…

読書リスト(2019年8月)

この記事は、ぼくが先月チェックしたブックリストです。 実際に買ったり読んだりした本へのコメントは、下記noteに掲載しています。おどりのようなもの|seshiapple|notenoteでは、地方や教育、キャリア、批評などについても書いています。 月500円なので、…

読書リスト(2019年7月)

この記事は、ぼくが先月チェックしたブックリストです。 実際に買ったり読んだりした本へのコメントは、下記noteに掲載しています。おどりのようなもの|seshiapple|notenoteでは、地方や教育、キャリア、批評などについても書いています。 月500円なので、…

読書リスト(2019年6月)

この記事は、ぼくが先月チェックしたブックリストです。 実際に買ったり読んだりした本へのコメントは、下記noteに掲載しています。おどりのようなもの|seshiapple|notenoteでは、地方や教育、キャリア、批評などについても書いています。 月500円なので、…

読書リスト(2019年5月)

この記事は、ぼくが先月チェックしたブックリストです。 実際に買ったり読んだりした本へのコメントは、下記noteに掲載しています。おどりのようなもの|seshiapple|notenoteでは、地方や教育、キャリア、批評などについても書いています。 月500円なので、…

読書リスト(2019年4月)

この記事は、ぼくが先月チェックしたブックリストです。 実際に買ったり読んだりした本へのコメントは、下記noteに掲載しています。読書リスト(2019年5月上旬)|seshiapple|notenoteでは、地方や教育、キャリア、批評などについても書いています。 月500…

読書リスト(2019年3月)

國分功一郎、互盛央『いつもそばには本があった。』 "書物をめぐる記憶のネットワークが交錯することで、よりきめ細かく、より豊かなものになることを伝えるため、二人の著者が相手に触発されつつ交互に書き連ねた16のエッセイ"高瀬康司『アニメ制作者たちの…

読書リスト(2019年2月)

ジェイソン・フリード『NO HARD WORK! 無駄ゼロで結果を出すぼくらの働き方』 "オフィスでの深夜残業、終わりのない会議、日曜午後の仕事メール、チャットの応酬……本気で成果を出したいなら、そんなものはみんないらない!"マイケル・サンデル『サンデル教授…

読書リスト(2019年1月)

檜垣立哉、小泉義之、合田正人『ドゥルーズの21世紀』 "ドゥルーズはなぜ新しいのか。最強の論者が結集した記念碑的論集。宇野邦一、江川隆男、千葉雅也、國分功一郎、小倉拓也、近藤和敬他"鈴木舞『科学鑑定のエスノグラフィ: ニュージーランドにおける法科…

読書リスト(2018年12月)

マーク・フィッシャー『わが人生の幽霊たち――うつ病、憑在論、失われた未来 (仮)』 "ジョイ・ディヴィジョン論をはじめ、ジャングル、ダブステップ、そしてカニエ・ウェスト"大森望編著『プロジェクト:シャーロック』 "我孫子武丸、彩瀬まる、新井素子、上田…

読書リスト(2018年11月)

クリストファー・トッテン『ゲームデザイナーのための空間設計 歴史的建造物から学ぶレベルデザイン』 "歴史的建造物の考察から優れたレベルデザインについて学ぶ・空間を使用してプレイヤーの感情を導いたり、引き出したりする方法"水野学『いちばん大切な…