読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトリカ新刊記念おめでとうグッズをもらいました

Rhetorica#03 画像

ずっと続けているといいこともあるもんですね。
Rhetorica#03を出した記念ということで、とある方からレトグッズをいただいてしまいました。
下のはわたしエディション。写真をいまもってないんですが、レトべに別エディションもあります。
かわいい、そしてうれしい……!

f:id:seshiapple:20161201200615j:plain

f:id:seshiapple:20161201200618j:plain

f:id:seshiapple:20161201200609j:plain

読書リスト(2016年11月)|草野原々、松本哉、山本貴光など

知的生産 認知科学 読書リスト 雑記 政治 教育

f:id:seshiapple:20161129131541j:plain

今月はイイ本を大量にチェックできた。
あまりにも忙しかったのと、メンタル的にもあんまり調子がよくなかったので、あんまり読めていない。

しいて読んだものでいうと、松本哉の本を初めて読んだ。おもしろかった。
いま自分が地域に関わっているので、メディアで取り上げられていた頃の印象と違った読後感をもった。
ぜひはおいても、いまだ続けているのがとにかくすごいと思う。

それから、草野原々の話題のアイドルSF(謎)もおもしろかった。
このひとはSFC出身で、ほとんど同じ頃にキャンパスにいたはずだけれど、どんなひとなのかさっぱりわからない。

あと、某女史経由で頂戴した『「百学連環」を読む』もやっと読めた(不義理)。
西周は津和野のひとでもあるし、また、そもそも山本さんについては哲劇からのファンなので、そういう意味でもテンションが上がる。
特に面白かったのは周の英文&日本語訳の記法。下記のような感じね。ヤバい。

f:id:seshiapple:20161129132038j:plain

読書リスト(2016年11月)

草野原々『最後にして最初のアイドル』

最後にして最初のアイドル

最後にして最初のアイドル

アンドリュー・ロウラー『ニワトリ 人類を変えた大いなる鳥』

ニワトリ 人類を変えた大いなる鳥

ニワトリ 人類を変えた大いなる鳥

ムーギー・キム『最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』

イェスパー・ユール『ハーフリアル ―虚実のあいだのビデオゲーム

ハーフリアル ―虚実のあいだのビデオゲーム

ハーフリアル ―虚実のあいだのビデオゲーム

松村秀一『ひらかれる建築:「民主化」の作法』

ひらかれる建築 ──「民主化」の作法 (ちくま新書)

ひらかれる建築 ──「民主化」の作法 (ちくま新書)

井上達夫小林よしのり『ザ・議論!「リベラルVS保守」究極対決』

バスヴァン・アベル、ルーカス・エバーズ、ロエル・クラーセン、ピーター・トロクスラー『オープンデザイン──参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」』

オープンデザイン ―参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」 (Make: Japan Books)

オープンデザイン ―参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」 (Make: Japan Books)

山本貴光『「百学連環」を読む』

「百学連環」を読む

「百学連環」を読む

夢野久作『定本 夢野久作全集 第1巻』

定本 夢野久作全集  第1巻

定本 夢野久作全集 第1巻

ジョン・スラデック『ロデリック:(または若き機械の教育)』

荒俣宏『奇想の20世紀』

奇想の20世紀 (NHKライブラリー)

奇想の20世紀 (NHKライブラリー)

大澤真幸『可能なる革命』

可能なる革命 (atプラス叢書)

可能なる革命 (atプラス叢書)

松本哉『世界マヌケ反乱の手引書:ふざけた場所の作り方』

アンドリュー・ハント、デビッド・トーマス『新装版 達人プログラマー 職人から名匠への道』

達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道

達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道

  • 作者: アンドリューハント,デビッドトーマス,Andrew Hunt,David Thomas,村上雅章
  • 出版社/メーカー: ピアソンエデュケーション
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 42人 クリック: 1,099回
  • この商品を含むブログ (349件) を見る

デヴィッド・スタッブス『フューチャー・デイズ──クラウトロックとモダン・ドイツの構築』

フューチャー・デイズ──クラウトロックとモダン・ドイツの構築 (ele-king books)

フューチャー・デイズ──クラウトロックとモダン・ドイツの構築 (ele-king books)

丸山昭トキワ荘実録―手塚治虫と漫画家たちの青春』

リチャード・スティーヴンズ『悪癖の科学』

悪癖の科学--その隠れた効用をめぐる実験

悪癖の科学--その隠れた効用をめぐる実験

乗松亨平『ロシアあるいは対立の亡霊 「第二世界」のポストモダン

トキワ荘実録―手塚治虫と漫画家たちの青春 (小学館文庫)

トキワ荘実録―手塚治虫と漫画家たちの青春 (小学館文庫)

永井純一『ロックフェスの社会学:個人化社会における祝祭をめぐって』

ジョージ・オーウェル『一杯のおいしい紅茶』

一杯のおいしい紅茶

一杯のおいしい紅茶

舞城王太郎九十九十九

九十九十九 (講談社文庫)

九十九十九 (講談社文庫)

木原弘修、横尾俊成、後藤寛勝『18歳からの選択 社会に出る前に考えておきたい20のこと』

18歳からの選択  社会に出る前に考えておきたい20のこと

18歳からの選択 社会に出る前に考えておきたい20のこと

  • 作者: 上木原弘修,横尾俊成,後藤寛勝
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2016/06/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

法月綸太郎法月綸太郎の冒険』

法月綸太郎法月綸太郎の新冒険』

新大学一年生にオススメした18冊

f:id:seshiapple:20161117131240j:plain

大学進学が決まった生徒(東洋史専攻)に本をオススメしたので、ここでも紹介。
オススメというか、自分が高校浪人大学入学当初くらいで読んでテンションがあがった本をわりといれてます(教育的配慮的なものもはいってるけど笑)。
文系で本読むのが好きな子だったので、わりとカッチリしたものも入っています。
見出しはわりとテキトー。見栄え的に3冊ずつにしたかったのでちょっとブレてます。

大学での学び方

川喜田二郎『創造性とは何か』

創造性とは何か(祥伝社新書213)

創造性とは何か(祥伝社新書213)

苅谷剛彦『知的複眼思考法』

梅棹忠夫『知的生産の技術』

知的生産の技術 (岩波新書)

知的生産の技術 (岩波新書)

政治思想

齋藤純一『自由』

自由 (思考のフロンティア)

自由 (思考のフロンティア)

シュミット『政治的なものの概念』

政治的なものの概念

政治的なものの概念

仲正昌樹『集中講義!アメリカ現代思想 リベラリズムの冒険』

社会科学

稲葉振一郎社会学入門―“多元化する時代”をどう捉えるか』

佐々木毅『民主主義という不思議な仕組み』

民主主義という不思議な仕組み (ちくまプリマー新書)

民主主義という不思議な仕組み (ちくまプリマー新書)

宮台真司『日本の難点』

日本の難点

日本の難点

歴史評論

網野善彦阿部謹也『対談 中世の再発見』

宮本常一『忘れられた日本人』

忘れられた日本人 (岩波文庫)

忘れられた日本人 (岩波文庫)

與那覇潤『中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史』

社会評論

真木悠介『気流の鳴る音―交響するコミューン』

気流の鳴る音―交響するコミューン (ちくま学芸文庫)

気流の鳴る音―交響するコミューン (ちくま学芸文庫)

平田オリザ『下り坂をそろそろと下る』

東浩紀『弱いつながり 検索ワードを探す旅』

その他

伊藤計劃虐殺器官

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

ジョン・ステュアート・ミル『ミル自伝』

ミル自伝 (岩波文庫 白 116-8)

ミル自伝 (岩波文庫 白 116-8)

カート・ヴォネガット・ジュニアスローターハウス5

スローターハウス5

スローターハウス5

追記

このリストは同僚のid:ms141氏のリストに追加するかたちで書かれました。
彼の選書をセットで読むと楽しいと思います。

読書リスト(2016年10月)

ビジネス書 メモ 読書リスト まとめ ヒマの過ごし方 仕事 教育 知的生産 遊び

f:id:seshiapple:20161104123223j:plain:w500

上期の読書リストから続けて、先月のリストをつくった。
とにかく気になったら都度いれるので、各月の間で重複アリにしようと思っている。


牧野智和『日常に侵入する自己啓発 生き方・手帳術・片づけ』

日常に侵入する自己啓発: 生き方・手帳術・片づけ

日常に侵入する自己啓発: 生き方・手帳術・片づけ

菅付雅信『物欲なき世界』

物欲なき世界

物欲なき世界

棚橋弘季『ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術』

ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術

ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術

グリーンズ『日本をソーシャルデザインする』

日本をソーシャルデザインする (idea ink(アイデアインク))

日本をソーシャルデザインする (idea ink(アイデアインク))

グリーンズ『ソーシャルデザイン』

ソーシャルデザイン (アイデアインク)

ソーシャルデザイン (アイデアインク)

筧裕介『ソーシャルデザイン実践ガイド──地域の課題を解決する7つのステップ』

ソーシャルデザイン実践ガイド――地域の課題を解決する7つのステップ

ソーシャルデザイン実践ガイド――地域の課題を解決する7つのステップ

マルクス・ガブリエル『神話・狂気・哄笑──ドイツ観念論における主体性』

神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

百世瑛衣乎『社会起業家スタートブック――自分と社会を活かす仕事』

社会起業家スタートブック――自分と社会を活かす仕事

社会起業家スタートブック――自分と社会を活かす仕事

唐木元『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』

久世浩司『なぜ、一流の人はハードワークでも心が疲れないのか?』

田村公人『都市の舞台俳優たち:アーバニズムの下位文化理論の検証に向かって』

西村佳哲『自分の仕事をつくる』

自分の仕事をつくる (ちくま文庫)

自分の仕事をつくる (ちくま文庫)

『別冊Discover Japan 地域ブランドクリエイターズファイル』

『別冊Discover Japan 地域ブランディング実例集』

齋藤あきこ編『地域の魅力を伝えるデザイン―Design for local paper media in Japan』

地域の魅力を伝えるデザイン―Design for local paper media in Japan

地域の魅力を伝えるデザイン―Design for local paper media in Japan

木下斉『まちづくり:デッドライン』

まちづくり デッドライン

まちづくり デッドライン

レックス・オスターワルダー『ビジネスモデル・ジェネレーション』

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

ヴィジェイ・クーマー『101デザインメソッド ― 革新的な製品・サービスを生む「アイデアの道具箱」』

影山裕樹『ローカルメディアのつくりかた:人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通』

ローカルメディアのつくりかた:人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通

ローカルメディアのつくりかた:人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通

山本貴光『「百学連環」を読む』

「百学連環」を読む

「百学連環」を読む

クレイトン・M・クリステンセン『イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ』

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ

パブロ・エルゲラ『ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門』

ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門 アートが社会と深く関わるための10のポイント

ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門 アートが社会と深く関わるための10のポイント

饗庭伸『都市をたたむ』

都市をたたむ  人口減少時代をデザインする都市計画

都市をたたむ 人口減少時代をデザインする都市計画

藤山浩『田園回帰1%戦略』

山崎亮『まちの幸福論──コミュニティデザインから考える』

まちの幸福論―コミュニティデザインから考える

まちの幸福論―コミュニティデザインから考える

P.F.ドラッカー非営利組織の経営』

非営利組織の経営―原理と実践

非営利組織の経営―原理と実践

チャディー・メン・タン『サーチ・インサイド・ユアセルフ──仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

篠原雅武『全ー生活論』

全―生活論: 転形期の公共空間

全―生活論: 転形期の公共空間

デービッド・ボーンステイン、スーザン・デイヴィス『社会起業家になりたいと思ったら読む本』

社会起業家になりたいと思ったら読む本 未来に何ができるのか、いまなぜ必要なのか

社会起業家になりたいと思ったら読む本 未来に何ができるのか、いまなぜ必要なのか

山浦晴男『地域再生入門:寄りあいワークショップの力』

地域再生入門: 寄りあいワークショップの力 (ちくま新書)

地域再生入門: 寄りあいワークショップの力 (ちくま新書)

山崎亮『コミュニティデザイン』

コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる

コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる

篠原雅武『生きられたニュータウン

生きられたニュータウン -未来空間の哲学-

生きられたニュータウン -未来空間の哲学-

後房雄藤岡喜美子『稼ぐNPO

稼ぐNPO~利益をあげて社会的使命へ突き進む~

稼ぐNPO~利益をあげて社会的使命へ突き進む~

ジョージ・オーウェル『一杯のおいしい紅茶』

一杯のおいしい紅茶

一杯のおいしい紅茶

法月綸太郎法月綸太郎の冒険』

舞城王太郎九十九十九

九十九十九 (講談社文庫)

九十九十九 (講談社文庫)

上木原弘修、横尾俊成、後藤寛勝『18歳からの選択 社会に出る前に考えておきたい20のこと』

18歳からの選択  社会に出る前に考えておきたい20のこと

18歳からの選択 社会に出る前に考えておきたい20のこと

  • 作者: 上木原弘修,横尾俊成,後藤寛勝
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2016/06/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

福嶋亮大『厄介な遺産 -日本近代文学と演劇的想像力-』

松本哉『世界マヌケ反乱の手引書 ふざけた場所の作り方』

円城塔神林長平飛浩隆長谷敏司、宮内悠介、宮部みゆき木城ゆきと大森望編『ヴィジョンズ』

ヴィジョンズ

ヴィジョンズ

パブロ・エルゲラ 『ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門』

ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門 アートが社会と深く関わるための10のポイント

ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門 アートが社会と深く関わるための10のポイント

松本哉、一色こうき(聞き手)「面白さを守る 「素人の乱」と高円寺の自治」 『現代思想2008年1月号 特集=民意とは何か』

現代思想2008年1月号 特集=民意とは何か

現代思想2008年1月号 特集=民意とは何か

R.K. ソーヤー『学習科学ハンドブック 第二版 第2巻: 効果的な学びを促進する実践/共に学ぶ』

学習科学ハンドブック 第二版 第2巻: 効果的な学びを促進する実践/共に学ぶ

学習科学ハンドブック 第二版 第2巻: 効果的な学びを促進する実践/共に学ぶ

  • 作者: R.K.ソーヤー,R.Keith Sawyer,大島純,森敏昭,秋田喜代美,白水始,望月俊男,益川弘如
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 2016/10/24
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

チャールズ・ファデルほか『21世紀の学習者と教育の4つの次元 知識,スキル,人間性,そしてメタ学習』

21世紀の学習者と教育の4つの次元: 知識,スキル,人間性,そしてメタ学習

21世紀の学習者と教育の4つの次元: 知識,スキル,人間性,そしてメタ学習

キエラン・イーガン『深い学びをつくる: 子どもと学校が変わるちょっとした工夫』

深い学びをつくる: 子どもと学校が変わるちょっとした工夫

深い学びをつくる: 子どもと学校が変わるちょっとした工夫

福武總一郎、北川フラム『直島から瀬戸内国際芸術祭へ─美術が地域を変えた』

直島から瀬戸内国際芸術祭へ─美術が地域を変えた

直島から瀬戸内国際芸術祭へ─美術が地域を変えた

北川フラム『ひらく美術:地域と人間のつながりを取り戻す』

ひらく美術: 地域と人間のつながりを取り戻す (ちくま新書)

ひらく美術: 地域と人間のつながりを取り戻す (ちくま新書)

田中功起『必然的にばらばらなものが生まれてくる』

必然的にばらばらなものが生まれてくる

必然的にばらばらなものが生まれてくる

米田衆介『アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか? 大人の発達障害を考える』

アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか? 大人の発達障害を考える (こころライブラリー)

アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか? 大人の発達障害を考える (こころライブラリー)

ジェフ・チャン『ヒップホップ・ジェネレーション[新装版]』

ヒップホップ・ジェネレーション[新装版]

ヒップホップ・ジェネレーション[新装版]

押井守笠井潔『創造元年1968』

創造元年1968

創造元年1968

加藤典洋『戦後的思考』

戦後的思考 (講談社文芸文庫)

戦後的思考 (講談社文芸文庫)


10月はとにかく忙しかったけど調べものとかで結構いろいろ読めた。

読書リスト(2016年上期)

ビジネス書 学習科学 SF まとめ ヒマの過ごし方 メモ 仕事 振り返り 政治 教育 知的生産 音楽 遊び 認知科学

f:id:seshiapple:20161103151847j:plain:w500

大学を卒業した段階で読んだ本の内容を忘れるようになった。
二十代中盤となった現在では、そもそもどんな本を買ったのか借りたのか、もらったのか、興味を抱いただけなのか抱いたこともないのか、それすら忘れるようになった。
そんなわけで存在の不安などがヤバいので、リストくらいはつくっておこうということで、16年上半期の読書リストをつくってみた。
読書に関する行動のスナップショットみたいな感じです。

4月

ラース・スヴェンセン『働くことの哲学』

働くことの哲学

働くことの哲学

エドガー・アラン ポー『モルグ街の殺人事件』

モルグ街の殺人事件

モルグ街の殺人事件

ピーター = ポール・フェルベーク『技術の道徳化: 事物の道徳性を理解し設計する』

技術の道徳化: 事物の道徳性を理解し設計する (叢書・ウニベルシタス)

技術の道徳化: 事物の道徳性を理解し設計する (叢書・ウニベルシタス)

柴田勝家『クロニスタ 戦争人類学者』

マーカス・ ウォールセン『バイオパンク DIY科学者たちのDNAハック!』

バイオパンク ―DIY科学者たちのDNAハック!

バイオパンク ―DIY科学者たちのDNAハック!

マレー・シャナハン『シンギュラリティ 人工知能から超知能へ』 (訳者にドミニク・チェン)

シンギュラリティ:人工知能から超知能へ

シンギュラリティ:人工知能から超知能へ

スティーヴン・D・レヴィット、スティーヴン・J・ダブナー『ヤバすぎる経済学―常識の箱から抜け出す最強ロジック』

ヤバすぎる経済学―常識の箱から抜け出す最強ロジック

ヤバすぎる経済学―常識の箱から抜け出す最強ロジック

石川義正『錯乱の日本文学: 建築/小説をめざして』

錯乱の日本文学: 建築/小説をめざして

錯乱の日本文学: 建築/小説をめざして

井庭崇『プロジェクト・デザイン・パターン 企画・プロデュース・新規事業に携わる人のための企画のコツ32』

江渡浩一郎『ニコニコ学会βのつくりかた―共創するイベントから未来のコミュニティへ』

ニコニコ学会βのつくりかた―共創するイベントから未来のコミュニティへ

ニコニコ学会βのつくりかた―共創するイベントから未来のコミュニティへ

ミシェル・ドゥギー『ピエタ ボードレール

ピエタ ボードレール (ポイエーシス叢書)

ピエタ ボードレール (ポイエーシス叢書)

クレア・ビショップ『人工地獄 現代アートと観客の政治学』

人工地獄 現代アートと観客の政治学

人工地獄 現代アートと観客の政治学

5月

伊藤優子『現代作家ガイド6 カート・ヴォネガット

カート・ヴォネガット (現代作家ガイド)

カート・ヴォネガット (現代作家ガイド)

磨伸 映一郎, TYPE-MOON『氷室の天地 Fate/school life』

飯田一史『ウェブ小説の衝撃 ネット発ヒットコンテンツのしくみ』

ウェブ小説の衝撃: ネット発ヒットコンテンツのしくみ (単行本)

ウェブ小説の衝撃: ネット発ヒットコンテンツのしくみ (単行本)

シノハラユウキ『フィクションは重なり合う: 分析美学からアニメ評論へ』

フィクションは重なり合う: 分析美学からアニメ評論へ

フィクションは重なり合う: 分析美学からアニメ評論へ

ブルース スターリング『塵クジラの海』

塵クジラの海 (ハヤカワ文庫FT)

塵クジラの海 (ハヤカワ文庫FT)

恩田彰『禅と創造性』

禅と創造性

禅と創造性

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『愛はさだめ、さだめは死』

諏訪正樹『「こつ」と「スランプ」の研究 身体知の認知科学

小島毅朱子学陽明学

朱子学と陽明学 (ちくま学芸文庫)

朱子学と陽明学 (ちくま学芸文庫)

栗原康『村に火をつけ,白痴になれ──伊藤野枝伝』

村に火をつけ,白痴になれ――伊藤野枝伝

村に火をつけ,白痴になれ――伊藤野枝伝

篠原匡『神山プロジェクト』

神山プロジェクト

神山プロジェクト

ジョン・デューイ『経験と自然』

「デューイ=ミード著作集」〈4〉経験と自然

「デューイ=ミード著作集」〈4〉経験と自然

アイザイア・バーリン『父と子―トゥルゲーネフと自由主義者の苦境』

父と子―トゥルゲーネフと自由主義者の苦境

父と子―トゥルゲーネフと自由主義者の苦境

池尻良平、高橋興史、為田裕行、福山佑樹、藤本徹『入門 企業内ゲーム研修』

入門 企業内ゲーム研修 (Ludix Lab)

入門 企業内ゲーム研修 (Ludix Lab)

長沼毅、井田茂『地球外生命 われわれは孤独か』

地球外生命――われわれは孤独か (岩波新書)

地球外生命――われわれは孤独か (岩波新書)

小川一水『老ヴォールの惑星』

老ヴォールの惑星

老ヴォールの惑星

6月

ジェイムズ・エルロイ『背信の都(上)』

スティーヴン・シャヴィロ『モノたちの宇宙: 思弁的実在論とは何か』

モノたちの宇宙: 思弁的実在論とは何か

モノたちの宇宙: 思弁的実在論とは何か

七類誠一郎『黒人リズム感の秘密』

黒人リズム感の秘密

黒人リズム感の秘密

中川淳一郎『仕事に能力は関係ない。 27歳無職からの大逆転仕事術』

ジョン・ル・カレ『寒い国から帰ってきたスパイ』

寒い国から帰ってきたスパイ (ハヤカワ文庫 NV 174)

寒い国から帰ってきたスパイ (ハヤカワ文庫 NV 174)

円城塔オブ・ザ・ベースボール

ウィリアム・ギブスン『クローム襲撃』

佐々木敦『ニッポンの文学』

東浩紀編著『ゲンロン2 慰霊の空間』

ゲンロン2 慰霊の空間

ゲンロン2 慰霊の空間

7月

平田オリザ『下り坂をそろそろと下る』

藻谷浩介『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

速水健朗『東京どこに住む? 住所格差と人生格差』

東京どこに住む? 住所格差と人生格差 (朝日新書)

東京どこに住む? 住所格差と人生格差 (朝日新書)

小山友介『日本デジタルゲーム産業史: ファミコン以前からスマホゲームまで』

吉本貴志、伊藤公健『はじめての事業計画のつくり方 21世紀スキル』

はじめての事業計画のつくり方 (21世紀スキル)

はじめての事業計画のつくり方 (21世紀スキル)

嶋浩一郎『嶋浩一郎のアイデアのつくり方』

嶋浩一郎のアイデアのつくり方 (ディスカヴァー携書)

嶋浩一郎のアイデアのつくり方 (ディスカヴァー携書)

8月

池田純一『〈未来〉のつくり方 シリコンバレーの航海する精神』

P.F.ドラッカードラッカー名著集 4 非営利組織の経営』

ドラッカー名著集 4 非営利組織の経営

ドラッカー名著集 4 非営利組織の経営

ジル・ドゥルーズドゥルーズ 書簡とその他のテクスト』

Tak.『アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術』

pha『しないことリスト

しないことリスト

しないことリスト

ファウストvol4』

9月

スティーヴン・ウィット『誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち』

誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち

誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち

倉塚平『ユートピアと性 オナイダ・コミュニティの複合婚実験』

清水知子『文化と暴力―揺曵するユニオンジャック

文化と暴力―揺曵するユニオンジャック

文化と暴力―揺曵するユニオンジャック

饗庭伸『まちづくりの仕事ガイドブック:まちの未来をつくる63の働き方』

まちづくりの仕事ガイドブック:まちの未来をつくる63の働き方

まちづくりの仕事ガイドブック:まちの未来をつくる63の働き方

ジェシープリンツ『はらわたが煮えくりかえる 情動の身体知覚説』

石垣英俊『痛みと不調を根本から改善する 背骨の実学

痛みと不調を根本から改善する 背骨の実学

痛みと不調を根本から改善する 背骨の実学

とよ田みのるFLIP-FLAP

三宅陽一郎『人工知能のための哲学塾』

人工知能のための哲学塾

人工知能のための哲学塾

岩嵜博論『機会発見――生活者起点で市場をつくる』

機会発見――生活者起点で市場をつくる

機会発見――生活者起点で市場をつくる

高橋博之『都市と地方をかきまぜる 「食べる通信」の奇跡』

都市と地方をかきまぜる?「食べる通信」の奇跡? (光文社新書)

都市と地方をかきまぜる?「食べる通信」の奇跡? (光文社新書)

加藤文俊『会議のマネジメント 周到な準備、即興的な判断』

BLP-Network『NPOの法律相談――知っておきたい基礎知識60』

NPOの法律相談――知っておきたい基礎知識60

NPOの法律相談――知っておきたい基礎知識60

team:Rhetorica『Rhetorica#03 SPECIAL FEATURE: FICTION AS NON-FICTION』
rhetorica.jp

おもったより本に触れているなあ。まとめてみて思ったのは、情報の入手経路や配置を記録するのが大事だなということ。
これから進めていきたいのは、誰々との人間関係があるから知ったとか、謎にググって偶然知ったとか、ソースを芋づる式で記録すること。
それがあれば、あとはこういう記録(情報の配置のスナップショット)と突き合わせて、過去の自分が考えたであろうことを後から追跡したり内省の材料にしたりできると思った。